薬局の個別指導

突然、厚生局からの通知が! 調剤薬局をやっていると個別指導は回ってきます。 税務調査みたいなものです。 誤りがある場合は自主的な調剤報酬の返還をするように指導を受けたりすることもあるようなので、薬局にとっては一大事です。 ただ、ちゃんとしっかりやっていれば問題はないかと思います。 でも、しっかりがよく理解されていない場合が多いように思えます。 個別指導が来てからでは遅いので、しっかりやっておきたいものです。 弊社はレセコンの販売から保守までを行っておりますので 個別指導においても多少関係が有ります。 最近では、セキュリティや電子薬歴などをしっかりやっていないと マズイ感じです。 当社に関係する書類など ・調剤録 ・薬剤服用歴の記録 ・お薬手帳に係る記載内容のわかるもの ・領収書の様式 ・患者ごとの一部負担金徴収に係る帳簿又は患者ごとの内訳のある日計表 ・電子薬歴システムの構成図 ・運用概念図 ・運用管理規定 ・システム障害対応マニュアル 他にもチェックする項目など多々あります。 セキュリティ対策やバックアップ方法など情報漏えいもしっかり問われます。 これらは、薬局様ではあまりなじみの無いものなので、いざ提出と言われても大変です。 当社では、こういった時のためにサポートもしております。 薬局様のネットワーク構成図やセキュリティ管理、バックアップ管理 故障時の代替サポートなども行っております。

    目次
    閉じる